webpack環境でvelocityを使う

webpack環境でjQueryプラグインを使用すると、使えるようにするまでに一手間かかるときがある。今回もVelocityを使えるようにするまでに少し手間取ったが解決できたので書き残しておく。

install

$ yarn add velocity-animate

webpack.config.jsに追記

webpack.config.jsに下記のように追記

module.exports = {
  // ~ 省略
  plugins: [
    new webpack.ProvidePlugin({
      $: 'jquery',
      jQuery: 'jquery'
      Velocity: 'velocity-animate'
    })
  ]
}

上記を追記すると、webpack環境でVelocityが使えるようになる。

あとは使いたいところで

Velocity(
  element,
  {
    // property
  },
  {
    // options
  }
)
みたいな感じで記述すれば動くはず